家庭内戦争をなくすために家事家電を導入した

consumer_electrical_1
consumer_electrical_2
consumer_electrical_3
consumer_electrical_4

夫婦の家事分担ってみなさんどうされてます?

「たかが家事じゃん!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも小さいことだと思っても、家の中を見渡すとやるべきことが多すぎます。

うちは同棲3年、結婚して1年が経ちました。
わたしも夫もお互いがお互いに不満がありながらも、ケンカにならないようマイルドに伝えたり、やり方を変えてお互いがラクにできるよう常に模索しております。

夫婦の家事分担はむずかしい

そもそも家事を分担するってむずかしいですよね。

ごみ捨ひとつにしても、ただ捨てるだけじゃなくて、分別・洗う・まとめるなどまあ工程の多いこと!
ひとつひとつはやってしまえばすぐ終わるけれど、やりたいことじゃないから取りかかるまでに時間がかかるし、相手がやってくれないと「なんでわたしばっかり!」と不満が溜まります。

同棲したての頃は「お皿洗いはあなた!」「洗濯はわたし!」と役割分担をしてみましたが、仕事で帰りが遅くなったりして思うようにやってもらえない…。

結局きれいに半分こすることはできませんでした。

どちらかが負担になるようじゃダメだ!家事家電を導入だ!

consumer_electrical_5
consumer_electrical_6

忙しい夫に代わって家事をやっていました。

しかしわたしの方がお家にいる時間が長いといってもわたしだってフルタイム勤務。残業もこなし、帰ってから家事をひとりでやるとか正直しんどい。
そもそもわたしは家事やりたくない!お皿洗い本当にヤダ!

この感じだと、不満が溜まって怒りが爆発するのは時間の問題です。
なので「どちらかがやる」のではなく「どっちもできるくらい簡単にする」方法を取りました。

  • お皿洗いたくない!→食洗機を買おう!
  • 洗濯干したくない!→乾燥機を買おう!
  • クイックルワイパーすらしたくない!→ブラーバを買おう!

モノに頼る戦法です。

夫が家事家電購入の提案にすごく食い気味だったので、忙しくてできなかったのを彼は彼なりに気にしていたのだなあと思いました。

初期費用はかかる。でもそれで平穏が訪れるなら安い

consumer_electrical_7
consumer_electrical_8
consumer_electrical_9
consumer_electrical_10

食洗機、乾燥機、ブラーバ。全部合わせると15万円ほどはかかりました。
でもどれも買って後悔してません!どちらかというと、もっと早く買えばよかった~という後悔があります。

15万円かかってますが、これで数年はガンガン使えます。

お皿洗いも一枚一枚洗ってたのが、今や入れるだけな簡単作業になったので「こんくらいならやってあげよう~」と気持ちでいられますし、簡単になったのでお願いもしやすくなりました!

夫への不満の9割は家事のことだったので、家事家電のおかげでだいぶイラッとすることが減りました。
家の中で機嫌よくいられるし、夫と関係も良好でいられて文明の利器に感謝です。

気になってる方は一日でも早くゲットすることをおすすめします!そして家族仲良く過ごしましょう!

created by Rinker
エスケイジャパン(SK Japan)
¥43,780 (2022/01/26 14:07:37時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を書いた人
あんみつ

ミニマリストブログをきっかけに断捨離。
ずぼらで家事がニガテで家事家電を愛用。空いた時間でコミックエッセイを描いています。

ブログ『ずぼらーだからミニマリスト!』では家事や結婚生活など日々のことをネタにしています。
今いちばん減らしたいものは脂肪。